Google
 
Web debt.blog63.fc2.com

債務整理人気コンテンツ

あなたの借金は返済できるのか?チェックテスト
民事個人再生手続き 申立から支払まで Q&A
民事個人再生手続き 必要な書類とその集め方
民事個人再生手続き 一連の流れ
債務整理 さまざまな方法 長所&短所一覧

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生手続きの流れ 



簡単に個人再生の流れを図にしてみました。
やっつけで作ったパワポなんで、見づらかったらゴメン。
個人再生手続きにおける弁護士の受任から支払間での流れ


各フェーズごとに、どのような流れなのか、私の例を元に振り返りましょう。

Sponsored Link

1-1 弁護士への依頼
「債務整理の種類」で触れましたが、個人再生の場合、地裁扱いとなります。したがって、あなたの代理人をできるのは、弁護士のみとなります。
言うなれば、大事なパートナー選びとなります。
個人再生に慣れた安価な弁護士さんを上手に見つけましょう。
当然、債務整理という案件上、まとまったお金は無いと思います。
サラ金で借りるのではなく、分割に応じてくれる弁護士さんの方が良いと思います。
(管理人にしか見えないモードで、メールアドレスとともに「事務所教えろ」とコメントいただければ、私がお願いした事務所をお教えしても構いません。)

1-2 受任通知の送付
弁護士さんより債権者の方に受任通知をお送りいただきます。
これにより、あなたへの直接の取立てはなくなります。
債権者から直接の取立てがあった場合、弁護士さんにその旨連絡をしましょう。

1-3 個人再生手続きの申し立て
こちらの書類は弁護士さんに作成いただくと良いです。
(資料作成だけなら司法書士でも可能ですが。)
正直、この部分は触れていないのか、まったく覚えていません。
ともあれ、受任後1ヶ月弱で申し立てまでは終わると思います。

2-1 再生委員との面談
東京都の場合、再生委員は都内の弁護士の方。
私の場合、再生委員の事務所での面談でした。
受任いただいた事務所の先生と、再生委員の方が同期だったらしく、少しの質問の後は、なぜかゴルフの会話とかしていた記憶があります。
基本的に、いつから借金が膨らみ、何故返せなくなり、再生計画により返すアテができ、真人間に戻ることは出来るのかということが話せれば良いでしょう。
面談を経て、個人再生の開始決定となります。
開始までの期間は、債権者からの差押などの訴訟を起こされる覚悟をしたほうが良いでしょう。
事実、私は2社から訴訟を起こされ、訴訟の直前に個人再生の開始決定となり、どうにか事なきをえました。
弁護士さんからは、開始決定の日程次第では訴訟が先になるため、和解金の準備をするようにとの連絡もありました。

2-2 書類の準備(財産系)
個人再生に当たって必要な書類はこちらに書いています
銀行の取引履歴や、退職金の証明などは、入手までに時間がかかるので、余裕を持ったスケジューリングで臨みましょう。
弁護士さんが受任した時点から準備しはじめるのが理想です。

2-3 債権者の取引履歴の準備
サラ金などは特に取引履歴を開示してくれない傾向にあります。
こちらも受任の前から取引履歴の開示をお願いして、弁護士さんの負担を減らしてあげましょう。

2-2で確定した財産と、2-3で確定した債権を元に、再生案が作成・提出されます。
原則として、再生のための支払金額は下記の通り。この金額の36分割を毎月3年間にわたって支払うこととなります。
債権総額 再生計画による弁済金額
100万円未満 当該金額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1500万円未満 当該金額×0.2
1500万円以上3000万円以内 300万円
3000万円超え5000万円以内 当該金額×0.1(上限500万円)
ただし、2-2で提出した財産を元に、破産した場合の弁済額が、債権総額を上回らないという条件があります。

なお、2-1?2-3の期間は、支払がほぼ無いはずです。
この期間のうちに、弁護士さんの報酬をなるべく払うなり、貯金をするなりしましょう。

3-1 トレーニング期間
2-3で確定した再生計画を元に、再生計画が履行できるかのテストです。
私の場合、毎月の支払金額を、6ヶ月間にわたって弁護士の口座に支払い続けました。
うち3ヶ月分は再生委員の報酬となり、3ヶ月分は終了後に返金されます。
私の場合、弁護士費用を分割にしていただいていたので、返金分は弁護士費用へ充当しました。

3-2 再生計画の認可、決定
トレーニング期間にとくに問題が無ければ、再生計画は認可されることでしょう。
1ヶ月間の周知期間を経て、いよいよ再生計画の開始です。

3-3 再生計画の履行
3年間頑張って生活を立て直してください。

以上が時系列的流れとなります。
判りにくかったらコメントで聞いてくださいね。
コメントでお答えするなり、トピックの充足をはかりますので。
スポンサーサイト






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

周二さん

コメントいただきありがとうございます。
メルアドなどの記載がなかったので、こちらにて返信いたします。

>全て支払った後に必要な手続き等はあるのでしょうか?
自分の場合、債権者より契約書(債権者によっては債務不存在確認書)が送られてきて、それで終わってしまった感じです。
何も手続きしていません。
弁護士事務所に連絡は入れましたが、「お疲れ様でした」とのことでした^^;

>また支払い途中で借金をした場合は、民事再生は中止されてしまうのでしょうか?
一般的にブラックリストに載っているので、借金はできないのでは?
実際、私はクレジットカードも持てない状況ですし。
借金することは考えるべきではないでしょう。
どうしようもない場合、急場凌ぎで友人を頼ったことは1回だけありますがね^^;
財布落としちゃったんだもん…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>junさん
書き込みありがとうございましたv-14

再生委員(あるいは地裁/地域により異なる)が、債務者(この場合JUNさん)がちゃんと民事再生による支払ができるか?ということを確かめるために家計簿を提出します。

奥様が一切関与しない債務であれば、JUNさんの家計簿を提出の上、補足資料として奥様の手帳を提出することになるかと思います。

再生委員レベルで、「この人はどうやってライフラインの料金支払ってるの?」って疑問が出るはずなので、奥さんが支払っているというものを立証する必要があるってことですね。

質問です。

書類の中に家計簿3ヶ月がありますが、公共料金や保険代など引き落とし口座が申し立て本人からの口座でない妻の口座から引き落としになっていた場合、妻の通帳も提出するのでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>パンチいのうえ。さん
明確な規定があるかどうかは判りませんが、再生委員と、受任した弁護士は別人です。
再生委員の場合、再生債務者を客観的に見て、再生できるかどうかを判定する立場。
受任いただいた弁護士は、再生債務者が再生できると再生委員に説得する立場ってイメージですからね。

あと、正直、訴訟は起こされてもおかしくないと思います。
自分のケースもそうでしたが、借りるだけ借りた直後に「返せません」ってのじゃ、債権者もヘソを曲げてしまうでしょう。
今後、訴訟起こされる債権者を増やさないよう、これ以上は借りない方が良いでしょうね。
ともあれ、ご武運をお祈りします。

こんちわ~♪
弁護士さんに受任してもらってても、再生委員は別の弁護士さんがついたんですね?
結構びっくりしました。
うちはキチンと再生できるかを、みるために申し立てまで3ヶ月くらい見るみたいです^^;
色々あるんですねぇ~
これからも楽しみにしてます。

P.S.パンチも先月末ギリギリまで借り入れしちゃいました。
やばいですかね?(;´Д`A ```
  • [2006/04/27 23:16]
  • URL |
  • パンチいのうえ。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Thanksです

>>鯖子さん
お褒め頂いて恐縮です。
ショボいなりに作ってみて良かったです^^
申し立て前から書類集めなどをしてしまうことも多いですね。
ただ、この書類は基本的に再生計画作成にヒモづくことから、フェーズ分けを明確にする上で、便宜上、書類集めは後ろにずらしました。

ちなみに自分の場合、申し立て直前から書類集めをしていましたが、銀行の取引履歴が揃ったのは、再生委員との面談の後でしたね。

あと、訴訟ですが、キャ○コと三○ファイナンスに訴訟を起こされました。
弁護士に相談に行く直前に、お金を借りてしまいましたからね…。
そのような件がなければ大丈夫だと思います。
オリックス系は訴訟を起こす傾向があるという噂もあるようですが…?

ともあれ、早く再生が開始されて、訴訟起こされても問題なくなるといいですね。

すごい

ものすごくわかりやすいです。素晴らしいです。
パワポで作る企画書なんかに慣れているせいか、図があるといいですね。
私のスケジュールと微妙に順番が違っているのも興味深いです。私は割と同時並行もしくは先にやっちゃってる部分が多いので。

>開始決定の日程次第では訴訟が先になるため、和解金の準備をするよう

これが一番気になるところです。
弁護士さんから「多分大丈夫でしょ」と言われてはいますが、根が小心者なので…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

TB

この記事へのTBするためのURL
http://debt.blog63.fc2.com/tb.php/8-0e42ad86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。