Google
 
Web debt.blog63.fc2.com

債務整理人気コンテンツ

あなたの借金は返済できるのか?チェックテスト
民事個人再生手続き 申立から支払まで Q&A
民事個人再生手続き 必要な書類とその集め方
民事個人再生手続き 一連の流れ
債務整理 さまざまな方法 長所&短所一覧

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【個人再生】必要な書類をどうやって集めよう? 



個人再生の申立にあたっては、必要な書類がメチャクチャ多いです。
また、コレどうやって集めるねん?ってのもあります。
そこんとこ、自分の経験なりにお答えいたします。


個人再生の申立にあたって、必要な書類は、ざっとこんな感じです。
戸籍謄本
※発行日から3ヶ月以内のもの・抄本は不可
→本籍地の役所にて取り寄せます。
私の場合、一人暮らしですので、実家に「職場に提出する」と言って、取ってきてもらいました。

住民票又は外国人登録証
※発行日から3ヶ月以内のもの・世帯全員のもの
→住民票のある自治体の役所で取り寄せれば良いでしょう。

預金通帳
※過去2年分全冊の写し
紛失、取引履歴が合算されているものは、銀行発行の取引履歴明細書
「まったく通帳に記帳していないよぉ!」って場合、かなり大変なことになります。
当時の東京三菱銀行の場合、「取引履歴明細」の発行料金がかなり高かったように記憶しています。
週1回使うかどうかのJRAのPAT用の口座の明細書発行に25000円ぐらい取られたような気がします。
返済に厳しい中で、大きな出費を余儀なくされるケースがあるので、お早めかつマメに明細書を発行しましょう。

Sponsored Link

車検証・自動車査定書
※車検証は写し・評価書は業者作成のもの
こちらでガリバーによる査定を受けることができます。
ただ、返済額に絡むケースがありうるので、なるべく安い査定書の方が良いでしょう。

保険関係資料
※保険証券写し・申立時解約返戻金額のわかる書類
→加入している保険会社に尋ねれば、発行してもらえます。

不動産登記簿謄本
※所有不動産がある場合・親族所有の不動産に住んでいる場合
→不動産のある地域の法務局でもらってください。
(賃貸物件に在住の場合は不要です。)

固定資産税評価額証明書・不動産査定書
※証明書は直近のもの・査定書は業者作成のもの2件分
→固定資産税評価額証明書は、不動産のある地域の役所の税務課(都内の場合、都税事務所)に請求してください。
不動産査定書の場合、できない業者が多いようなので、「不動産鑑定士」に頼むのが早いようです。
各都道府県の不動産鑑定士協会に問い合わせるのが一番早そうです。
(賃貸物件に在住の場合は不要です。)
 
退職金規程
※申立時の退職金額のわかるもの
→会社が退職金概算証明を出せる場合、その証明書のみで良いです。
証明書が無い場合、退職金規定をコピーして、弁護士さんにお渡しください。
会社バレが当然気になりますが、「マンションを買う」「不動産を買う」などの理由をつければ、問題なく発行してもらえます。
あと、退職金が無い場合、その旨、弁護士さんにお伝えください。

収入関係資料
※源泉徴収票(2年分)・課税証明書(2年分)・給与明細(3ヶ月分)・確定申告書(2年分)・年金支給額疎明資料等
→同じ会社に2年以上勤続している場合、2年分の源泉徴収票と、3か月分の給与明細だけで済みました。
転職や無職の期間がある場合、適宜弁護士さんに聞いてみたほうが良いです。

同居人収入疎明資料
※給与明細(3ヶ月分)又は源泉・確定申告書(1年分)又は課税証明書(1年分)無職の場合非課税証明書
→同居人についても、本人と同様に書類を求められます。

住宅ローン契約書(金銭消費貸借契約書)
※契約書写し
→手持ちの契約書のコピーで良いらしいです。

住宅ローン償還予定表
※返済予定表です
→最新の住宅ローン契約時の償還予定表のコピーで良いらしいです。

住居証明資料(賃貸の場合)
※賃貸契約書写し
→普通に賃貸契約書のコピーで良いです。
職場の寮や、借り上げ住宅に住んでいる場合、「マンション買うかも」とかの理由で総務担当者に申請すれば、難なくもらえます。

家計簿
※申立直近3ヶ月分
→弁護士さんによっては、所定の書式があるようです。
直近3ヶ月間のキャッシュフローを、大まかにまとめてください。
(領収書などは不要です)

陳述書
→「なぜ借金したのか」「なぜ返済できなくなったのか」「再生できる見込みはあるのか」を簡単な作文でまとめます。

※なお、都道府県によって、必要書類に差があるようなので、弁護士さんに尋ねてみてください。
スポンサーサイト






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ともさん
書き込みありがとうございます。
私のケースで答えさせていただきますね。
東京三菱銀行(当時)とみずほ銀行のケースです。
ともに銀行印・身分証明書・銀行の通帳で発行できました。
身内の方が身分証明書を持っていった上で、発行申請するのは可能なのではないでしょうか?

ただ、一応念のため、銀行に確認されることをお勧めいたします。

はじめまして。

こんにちわ。はじめまして、銀行の取引履歴について調べていたら、ここに来てしまいました。おしえていただきたいのですが、取引履歴は代理人(もちろん身内のもの)を立てて取り出すことできますか?本人がどうしても仕事の都合が付かない場合なんですが。できるとするなら何が必要ですか?知っていたらおしえてください。

参考になれば幸いです

おくぱぱさん

こんな所までお越しいただいて、ありがとうございます。

私は独身者なので、まず児童手当について調べてみました。

なるほど。
公務員の方の場合は、所属省庁(勤務先)からの支給となるのですね。
すなわち、市町村の役場で受給証明を発行してもらうのではなく、職場の発行になるということですね。

だとすると、まず、給与明細に載っていませんか?
必要とする期間の給与明細に載っていれば、そちらで代用が利くかと思います。
(また、所得証明で提出した、源泉徴収票に載っているかもしれませんね。)

給与明細を残していないとか、そもそも給与明細に児童手当が載っていない場合は、所得証明の必要があるということで、発行を依頼をすることになるでしょう

・マンションの購入を検討しているため、所得証明が必要。
必要ない気はするが、業者から、念のため児童手当の受給証明も欲しいと言われた。
※相続やゴルフ会員権・有価証券の売却による税申告なども理由になるかもしれません。

・給与のうち、児童手当はどれぐらいなのか、子育てを進めていく上で確認したい。
(単なる好奇心的に)

あと、受給証明って、過去2年分ということでいいんですよね?
一応念のため。

あまり参考にならない案でごめんなさい。v-356

モカちんさん
確かに他の債務整理に比べて、必要とする書類は多いですね。
ただ、個人再生と言うもの自体、「破産に近い経済状況だけど、破産による不利益を受けたくない」というワガママを叶えるための債務整理なので、そこんとこは理解したうえで、個人再生してくださいね。

弁護士さんから連絡いただけないようでしたら、「どんな書類を揃えたらいいかお教えいただけますか?」とでもお願いしてみてはいかがでしょう?
都道府県によって、若干の違いはあるはずですし、書類集めに意外と時間がかかりますからね。

こんばんは。
さっそくお邪魔しました。
書類そろえるのも大変そうですね。
弁護士さんからまだなにも連絡がないのでこれから揃えることを思うと・・・憂鬱。
とっても参考になります。
またお邪魔しますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

TB

この記事へのTBするためのURL
http://debt.blog63.fc2.com/tb.php/5-f6fefd06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。