Google
 
Web debt.blog63.fc2.com

債務整理人気コンテンツ

あなたの借金は返済できるのか?チェックテスト
民事個人再生手続き 申立から支払まで Q&A
民事個人再生手続き 必要な書類とその集め方
民事個人再生手続き 一連の流れ
債務整理 さまざまな方法 長所&短所一覧

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【個人再生】Q&A 申立から支払まで 



個人再生にあたって疑問に思っていたことや、ネットでよく見る質問など、自分の体験談を踏まえてお答えします。

Q 親バレはしませんでしたか?
A どうやら親にはバレていないみたいです。
一人暮らしのため、戸籍謄本を実家から送ってもらいましたが、特に問題もありませんでした。
自宅住まいの場合だと、弁護士事務所からの手紙にさえ気をつければ、問題ない気はします。



Q 会社バレはしませんでしたか?
A どうやら会社にもバレていないみたいです。
退職金の金額証明と、3年分の源泉徴収書を会社から取り寄せましたが、特に問題もありませんでした。
「マンション買うかも」など、それっぽい理由をつければ、問題ない気はします。
また、転職活動の際も、とくに問題はなかったようですね。



Q パート・派遣社員でも、個人再生出来るのでしょうか?
A 継続的で、支払いに支障のない収入であれば可能です。いわゆる日雇い・期間工などでは難しいかもしれません。
また、その収入で再生計画は履行できるのか、考えてみてください。
債務が100万に圧縮されたところで、36ヶ月間ずっと27,778円は支払っていかなければなりません。
また、その金額プラス債権者のアタマ数分の振込み手数料も発生するはずです。
無理があるようなら、自己破産という手段もありますし、任意整理のほうが支払い金額が安くなるケースもあります。
自分に合わせた債務整理の方法を、自分の頭でちゃんと考えてみましょう。

Sponsored Link

Q 裁判所への申し立てが通ったら仕事は辞める(もしくは転職)してもいいのでしょうか?
A 月々の支払いの履行ができれば問題ないと思います。
実際私は、支払い開始直後の2004年2月と、2005年9月に、2度の転職をしました。
1度目の転職の際、年俸制の会社に入り、月給が税込み29万→42万に増えたため、
毎月の債務の履行に関しては、非常に楽になりました。(ボーナスはなくなりましたが)
2度目の転職の際、改めてボーナスや業績給などの充実した会社に入り、毎月の支払いをしつつ、
2006年4月の業績給で、9か月分の債務を一括で支払い、完済した次第です。

債務の履行プランに合わせて転職活動をするというのは、非常に有効だったように感じます。

ただ、再生債務者の履行プランが崩れると、破産となることをきっちり覚えておいてください。
「次の会社が決まらないのに会社を辞める」など、もってのほかです。



Q キャッシングの他に商品のクレジット分もあります。
個人民事再生を申請した場合、 キャッシングによる債務だけを対象とし、
商品クレジットは手持ちのまま支払っていくことは可能なのでしょうか?
商品の返却を求められると、生活を営んでいくことができません。
A 「そのローンについてのみ、商品を返さず、再生手続開始後も、随時弁済していっても良いですよ」って認められるケースもあります。
商売を営む上で必要など、諸々のケースは考えうるので、弁護士さんにご相談頂くのが良いと思います。



Q ローン完済済みの車も個人再生法使うと没収されるのですか?
A 没収はされません。ただ、それによって清算価値が上がり、弁済額が増えることになるケースもありえます。


Q 契約書が全部揃わないのですがどうしたら良いですか?
A サラ金などはとくに、契約書や返済履歴を出し渋ります。
出し渋る会社については、受任いただいた弁護士の先生に一任したほうが良いと思います。



Q 弁護士の受任後に督促電話が来た!どうすればいい?
A 弁護士の連絡先を伝えてください。
サラ金の社員も所詮はサラリーマンです。
彼らの上司への言い訳として、「弁護士が受任した」旨をちゃんと伝えましょう。



Q 官報に載った後、どれくらいのヤミ金DMがきましたか?
A 2003年?2004年にかけてなんで、参考にならないと思いますが、10通ぐらいだった気が。


Q 民事再生すると、銀行や郵便局のデビットカードも使えないんですか?
A デビットカードは使えますよ。


Q 弁護士の着手金が払えない!
A 申し立てて、返済がストップしてから、再生債務の履行開始まで1年近くあります。
その間を使って、分割に応じてくださる弁護士さんもいらっしゃいますよ。



Q 金額が少ない債権者だけ、先に一括で返していいの?
A 悪いという規定はないが、他の債権者の手前、オススメはできません。
一括で返す場合、全債権者を一括で返済しましょう。



Q 申し立てをしようとしたら、訴訟を起こされた!
A 申し立てから認可までの間に、和解金を支払わされるケースがあるようです。
弁護士さんに相談しましょう。



Q ギャンブルの借金でも民事再生はできるのですか?
A ギャンブル、浪費などであっても出来ます。破産の『免責不許可事由』のようなものはありません。
色々な理由で破産が出来ない人のための再生という考え方もあるでしょうね。
スポンサーサイト






コメント

ご丁寧にコメントありがとうございました^^

>TOMさん
出先からわざわざ有難うございます!
今後とも何卒宜しくお願いします。
お仕事頑張ってください!

>りゅうさん
ご丁寧にありがとうございました。
このブログへの初カキコ、ありがとうございました!
今後とも何卒宜しくお願いします。
返済頑張ってください!

ありがとうございます

同情するなら金貸してくれ管理人のTOMです。リンクを貼っていただきありがとうございます。
相互リンクの件ですが現在出先のため明日の夜リンクを貼らせていただきます。リンクを貼りましたらお知らせします。

おはよーです♪

はじめまして^^

相互リンクのお誘いありがとうございます♪

当ブログでもリンク完了いたしました。

お時間ある時にでみご確認ください。

今後とも宜しくお願いいたします☆
  • [2006/04/19 07:57]
  • URL |
  • りゅう☆借金返済のためのブログ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

TB

この記事へのTBするためのURL
http://debt.blog63.fc2.com/tb.php/2-3fff4d57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。