Google
 
Web debt.blog63.fc2.com

債務整理人気コンテンツ

あなたの借金は返済できるのか?チェックテスト
民事個人再生手続き 申立から支払まで Q&A
民事個人再生手続き 必要な書類とその集め方
民事個人再生手続き 一連の流れ
債務整理 さまざまな方法 長所&短所一覧

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金依存はなぜ治らない? 



19日の讀賣新聞で、非常に興味深い記事がありました。

通常、借金の相談と言えば、司法書士か弁護士と相場が決まっています。
しかし、こちらの記事では、精神科医がココロの視点から、借金依存について斬り込んでおられます

いつ元記事がなくなっていいようにコッソリ転載しちゃいますね。

夫の借金癖に悩む20代女性
Q.
20代女性。夫の借金癖についての相談です。

 夫は社会人になって6年になりますが、飲み会などの付き合いが増え、銀行のカードローンやキャッシングを利用するようになりました。独身のころは、給料を自分のためだけに使えたので、どうにか返済していたようです。

 今は、明細書が家に届いて、私にばれます。「もうしないから」と謝るので、私が返済を手伝いましたが、同じことをもう何回も繰り返しています。本人に罪悪感はあるようです。でも、借りるときには頭が真っ白になっているそうです。

 私は借金が大嫌いなので、「またしたら離婚する」と宣言したにもかかわらず、最近また発覚しました。

 夫の両親に相談すべきでしょうか。仕事はまじめで、子煩悩な父親なのですが、このままでは、愛情が憎しみに変わってしまいそうです。(東京・J子)


もしかしたら、身につまされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こんな相談に対して、精神科医の見地から、以下のように答えておられます。

Sponsored Link

Answer
これはお困りですね。まず一般論から言いますと、借金癖は本人のパーソナリティーが大きく関係することは確かです。典型的なのは「依存性人格」と呼ばれるもので、誰かに常に頼り、自己責任を取らない、他人に拒絶されるのが怖く、無理して良い格好をしたがる、などの特徴があります。まあ一言で言えば、「甘えている人柄」とでも申しましょうか。

 ご主人もどうやらひどい遊び人タイプではなさそうなのに、人付き合いのためにローンが重なる、というのは依存性人格に該当するかもしれません。この場合、借金を肩代わりしてあげると、本人がいくら二度としないと約束しても必ず借金癖は悪化します。独身時代は何とかやっていたのに、結婚後ひどくなったというのもそれを裏付けています。まして親が登場して返済したりすると、さらにこじれるでしょう。

 そうは言っても一切放置するというのが難しいのも分かります。これは「心の問題」と発想を変え、臨床心理士などに相談することをお勧めします。ご主人も家庭維持を真剣に考え、第一歩を踏み出してほしいと思います。
 (野村 総一郎・精神科医)


痛い目に遭わないと、治りません。自力で出来ない人は何度でも繰り返します。

自己破産で免責という手段も、周囲が勝手に払ってあげるという手段もそうですが、債務者に当事者意識がない状態で債務が解消された人って、借金を繰り返してしまう人の割合が高い気がします。

自分が自己破産ではなく、個人再生という手段で債務整理したのも、返済を通して、家計や生活を見直す機会にしたかったというのがあります。

債務整理や返済手段について考える時は、二度と同じミスを犯さないようにするためにどうすればいいかを念頭においてみてはいかがでしょう?
スポンサーサイト






コメント

(*^・ェ・)ノ コンチャ♪

無職ニートで、まもなく30歳。借金800万完済への道のり・・・。
の桜庭です。

おおもとのFC2ブログ提供サイトが、adsenseから拒否されてしまったようで,ブログ移転しました!

http://neet1976.seesaa.net/

暇な時で結構ですので、リンク先の変更をお願いします。m(_ _;)m

しおんさん
はじめまして。コメントありがとうございましたv-14
借金に依存している時(特に自転車操業モードになっている時)などは、依存していると自分では認識できないです。
「借金ナシでは生きられない(自転車が漕げない)」
言うなればシャブ漬けになっている状態ですからね。

返済が終わった今だから、鳥瞰して言えることですね。

依存・・・
そうかもしれない。
「なんとかなるだろう」
そんなきもちありましたし・・・
実際、なんともならなかったですけどね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

TB

この記事へのTBするためのURL
http://debt.blog63.fc2.com/tb.php/18-a7900fab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。