Google
 
Web debt.blog63.fc2.com

債務整理人気コンテンツ

あなたの借金は返済できるのか?チェックテスト
民事個人再生手続き 申立から支払まで Q&A
民事個人再生手続き 必要な書類とその集め方
民事個人再生手続き 一連の流れ
債務整理 さまざまな方法 長所&短所一覧

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【借金回顧】そして再生へ… 2003年2月 



前回、560万の借金を抱えた私が、法律事務所の門に行ってみたところまで、お話いたしました。

法律事務所の待合ロビーは、人でごった返し、すごい熱気。
あたかも真冬の病院のよう。
もっとも、大半の患者は、インフルエンザではなく、多重債務という病気での来院なのですが。

ともあれ、老若男女問わず、色々な人種がそこにはいました。
そう、唯一の共通項は「多重債務で悩んでいる」ということだけ。

オーバーな表現ではなく「ごった返す」ほど来客があれば、当然のことながら、アポの時間は有名無実化してしまいます。
(私が行ったところには、雑誌なども準備されていましたが、何らかの暇つぶしツールは持参した方がストレスたまらないです。)

結局のところ、アポの時間よりも1時間ほど後倒しで、「初めての面談」となりました。

Sponsored Link

面談したのは、弁護士ではなく、パラリーガルと呼ばれるヘルプスタッフ。現状の債務のヒアリング(社名・金額・取引開始月・わかる範囲で利息)を行ったうえで、債務整理の手段について、説明を受けます。

ヒアリングの結果、任意整理や特定調停を行った場合、560万の借金が400万程度に圧縮されるであろうことがわかりました。
400万を5年で返済するとなると、月間6万7千円程度の返済となります。
無理な話ではないとは思いましたが、思えば借金が雪だるま式に増え始めたのが、返済額が月7万円を超えた頃でした。

また、当時の私の収入は、残業代頼りの部分がありました。残業代のカットや、残業の少ない部署への異動があった場合、返済をコンプリートできるかという不安もありました。

かと言って、任意整理や特定調停以外の手段は、個人再生と自己破産しか残されていません

自己破産と言う手段で借金をチャラにしたところで、恐らく同じ轍を踏み、浪費と借金を繰り返す可能性があります。
当時の私に必要だったのは、返済という手段と、履行できなったらアウトというガケっぷち感を通して、生活を立て直すことだと考えていました。

自己破産と個人再生という二者択一の中で、個人再生を選ぶのは、当然の流れだったといえるでしょう。
(→個人再生について
逆に言えば、消去法的に個人再生という手段を選んだんですが、振り返ってみればグッドチョイスだったように思います。

個人再生の方向で行きたい旨、パラリーガルに伝えたところ、即日で弁護士と面談という流れになりました。
ここで再び2?3時間ほど待たされたものの、弁護士との面談、受任の方向となり、個人再生ライフの第一歩を踏み出しました。

※弁護士費用は30万円強でしたが、分割にしていただけるとのことで、分割にしていただきました。最長24回払いでしたが、再生申し立て?認可の間にその費用を作ってしまいました。

どのように再生の手続きが行われ、返済ライフをどう過ごしたかは、次回のお楽しみとさせていただきます。
スポンサーサイト






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

TB

この記事へのTBするためのURL
http://debt.blog63.fc2.com/tb.php/10-5abaf69f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。